上向き矢印

Blogs

Blogs

フォロー

--

フォロワー

--

マイページ

user
今西 貴俊

2 日 前

大変お待たせ致しました!DHD SURF BOARDS よりリリースされたニューモデル【DX1 PHASE 3】が入荷しました...

user
y kisaki

2 日 前

徳島には世界中のサーファーが憧れるスポットがある!!  そんな世界的に有名なサーフスポット2選を...

user
今西 貴俊

4 日 前

スポタカ契約プロフェッショナルサーファー林健太が立ち上げたサーフボードブランド『ARMOR SURF BOARDS』...

user
徳山 陽花

6 日 前

スポタカ契約ライダー「林健太プロ」に教えていただいた、地元高知の美味しい海鮮が食べられる人気店、『お...

user
今西 貴俊

1 ヶ月 前

2019年9月15日に開催された歴史あるサーフコンテスト 【 ONYONE CUP SURFING CONTEST Vol19 in 伊勢志摩】...

user
今西 貴俊

2 ヶ月 前

美しく。そして、ずっと美しくをモットーに、パーソナルトレーニングスタジオ UNDEUX による [ 女性30名様...

「レポート」第54回全日本サーフィン選手権へ行ってきました

  • 2019.08.29
  • view299
  • favorite0

サーフィン日本一を決める歴史ある大会

これまで、スケートボード、スノーボードの全国大会を見に行った事はありましたが、サーフィンに関しては今回初めて観覧させていただきました。 と言いますのも、全日本大会終了後のサーファーと懇親会も含めたパーティ193BLOCK PARTYに出店を要請され行ってまいりました。

 

道中見た内妻Pの波のサイズを見て、波の小ささに不安いっぱいになりました・・・

 

会場到着後、まず一番驚いたのが「駐車場が空いていない!w」全国から出場選手とその家族が訪れている為コンビニも品薄状態!w あちらこちらで飛び交う地方のイントネーション混じりの応援。僕が知っている生見海岸とは少し違っていました。いや、大分違っていました。w それもそのはず、一つのコンテストして参加人数世界一の大会なんですから!

 

各支部の支部戦を勝ち抜き、ここまでコマを進めた言わばその地区の代表者同士の戦いは、見ているこっちまで胃が痛くなる緊張感。めまぐるしく変わる波のコンディションをコーチや先輩、友人にアドバイスを貰いながら15分を戦いぬく。これまでの努力も結果も15分で全てジャッジされる訳ですから・・・過酷すぎます。

 

僕がいつも奄美大島でお世話になっている緑さんも奄美大島から参戦。鹿児島支部として参加されておられました。おしくも逆転負けでしたが、手に汗握る奮闘ぶりでした!奄美大島のことなら GREENHILL へ!

 

今回からプライオリティ制度がNSAにも採用されていました。波の優先順位が決まっている。このプライオリティをうまく使った選手が勝ち上がっている場面を多く見ました。小波のシチュエーションとプライオリティが更にゲーム運びを難しく、見ているこちらとしても想像できない逆転劇がありドラマチックでした。

 

強すぎる関東勢

本当に強かった茅ヶ崎(湘南)勢!クリティカルな技のキレと、MEN WOMEN共に波選びが素晴らしかった。プアーなコンディションだった波も夕方頃には腹ぐらいまでサイズアップし、小波でもパワーのあるここ生見の波が湘南クルーにとっては得意なコンディションだったのでしょう。メンズの優勝者 藤沼 佳太郎はこのコンディションでエアリバをメイク!

 

徳島支部 支部長のヒロくん(一楽 弘徳)曰く全日本の大会は、「各支部同士の真剣勝負ですから!」と大きな旗を振りながら語ってくれました。その言葉通り、各支部の応援合戦を見ているのもまた醍醐味の一つのような気がしました。

 

 

 

さぁ〜いよいよTEAM SPOTAKA 浜村海斗の出番です。

コーチには、バレルマスターTEAM SPOTAKA 林健太プロが付き添います。これほど頼もしいコーチングは無いでしょう。2人の話に耳を傾けようと思いましたが、邪魔してはいけないと思い少し離れたところから見守ることに。林健太プロのコーチングは、的確で「えっなんでそのうねりが分かるの?」って10m離れたところから見ている私が聞きたくなるぐらい的確でした。

また、浜村海斗も捕まえる波を6ポイント以上叩き出す完璧なライディング!SPOTAKAのステッカーが誇らしげでした!「あの選手!うちの浜村ですねん」って心の中で言うてましたから(笑)

惜しくも準決勝で敗退しましたが、うちの選手を担ぐわけではありませんが、一番やばいサーフィンしていたと思います。頑張れ海斗!!!
そして、DAY5も無事終了し、MEN優勝者、WOMEN優勝者は共に湘南がかっさらっていきました〜。大阪支部MASAKIも大健闘でしたが、オーストラリアで成長してまた来年期待したいと思います!初めて見るジャッジブース。以外とアナログでした(笑)

 

お待ちかね!全日本終了後は193BLOCK PARTYの始まり!

 

僕のサーフィン仲間 韻踏合組合のライブの始まり!始まり!雨降るながら圧巻のライブ!そして新曲披露!最高の空間を提供してくれました!Deftechも良いけど韻踏合組合も良いよね〜って誰かが言うてるのを聞いて嬉しくなりました。

 

SURF SHOP MOREさんの粋な計らいで素晴らしい立地にテントを構えることに・・・ありがとうございました。多くの方にスポタカを知っていただけたのでは無いでしょうか?

 

全国から多くのサーファーが駆けつけ、盛り上がったこの夏最大のイベントが幕を閉じる。この地を守り、この海を愛し、そしてサーフィンを愛するローカルヒロくん(一楽 弘徳)裕次郎くん(辻裕次郎)そして、我らがレペゼン大阪の韻踏合組合の遊戯!こんな素晴らしい機会をくれた事に感謝します。ありがとう。僕たちの夏はまだまだ終わらない!そして、来年またこの地でPARTYが出来るよう共に頑張りましょう!

 

 

PS:来年は弊社サーフコーナー今西くんが出ます!特大の旗を持って応援に行きますよ〜

COMMENT

このブログへのコメント