上向き矢印

Blogs

Blogs

フォロー

--

フォロワー

--

マイページ

user
今西 貴俊

3 日 前

大変お待たせ致しました!DHD SURF BOARDS よりリリースされたニューモデル【DX1 PHASE 3】が入荷しました...

user
y kisaki

3 日 前

徳島には世界中のサーファーが憧れるスポットがある!!  そんな世界的に有名なサーフスポット2選を...

user
今西 貴俊

6 日 前

スポタカ契約プロフェッショナルサーファー林健太が立ち上げたサーフボードブランド『ARMOR SURF BOARDS』...

user
徳山 陽花

1 週間 前

スポタカ契約ライダー「林健太プロ」に教えていただいた、地元高知の美味しい海鮮が食べられる人気店、『お...

user
今西 貴俊

1 ヶ月 前

2019年9月15日に開催された歴史あるサーフコンテスト 【 ONYONE CUP SURFING CONTEST Vol19 in 伊勢志摩】...

user
今西 貴俊

2 ヶ月 前

美しく。そして、ずっと美しくをモットーに、パーソナルトレーニングスタジオ UNDEUX による [ 女性30名様...

「保存版」夏のイソコ攻略虎の巻 & こんなボードが貴方を上手くする!

  • 2018.08.16
  • view140
  • favorite0

 

 

こんにちは!今年のお盆休みはいかがでしたか?早い方は、本日17日(金)から仕事が始まる方もおられるのではないでしょうか?外資系の方は、16日から長い方でも19日までお休みの方も多いのではないでしょうか?次は9月のシルバーウィークですが、今年は、祝日の配置が悪く大型連休の方は少ないのではないでしょうか?私は、9月10日から5日間某所にサーフトリップに出ますけどね・・・・(笑)でも、お盆が終わっただけです。夏は、まだまだこれから!しかもサーフィンは秋からが本番!今日は、僕なりのイソコ攻略法とオススメボードをご紹介したいと思います。

 

 

ご覧の通り、大阪から一番近い和歌山県磯ノ浦は、夏のハイシーズン(お盆)は、波が上がるとこんな感じで人だらけになります。人が多いと敬遠しがちになりますが、僕が知る限り夏に人が少ない日は、ある条件が重なる日だけです。それは、台風直撃の日!しかもモロに直撃の日!それでも一部の人は入っておられますが・・・そんな日は少ないです。でも、サーフィンが出来ないから少ないだけです。(笑)

 

 

では、なぜ?イソコは、人が多いのでしょうか?

 

答えは、「近い!」と言うことと、「波が良い!」って事が大きくしめていると思います。
実際、台風のSWELLと、ある条件が揃うと、こんな波が立ちます。

 

こんなんとか・・・外国ですよね?(笑)

サンセットも最高に美しく、ビーチを歩くだけで、現実逃避が楽しめます。わざわざ、ガゾリンと高速代を使わなくても近くに素晴らしい磯ノ浦を知ってしまうと、混んでいるのを承知で来てしまいます。

 

初中級者が混んでいるポイントで波を捕まえるには!

 

まずは、浮力のあるボードを使用する事です!ソフトボードと呼ばれる物を使用するのも近道ですが、EPSなどの軽くて動かしやすいボードでサーフィンを始めるのも楽しめる近道になります。(EPSとはエポキシ樹脂でコーティングされた強度の高いボードのこと)

NOBRAND MINIBULLETなんて最高だと思いますよ!

もっと早くテイクオフをしたい!って方は
NOBRAND ZACKがおすすめです!むちゃくちゃ早くて軽くて、力の弱い女性にも最高だと思います。


あのDEFTECH MICROさんもNO BRANDに乗っていますからね〜東の鉄板ブランドNO BRANDはチェックした方がいいですよぉお!

 

初中級者は、早起きすべし!

 

さぁ〜浮力のあるボードをゲットしました!次は、海に向かいます。車をお持ちの方限定ではありますが、前の晩から海に行き、車中で朝を迎えるか、大阪市内を3時には出るようにしてください!とにかく早く海に入りましょう!私は、いつも日の出を海の中で迎えます。下の写真は、夏の朝5時ごろです。夏の磯ノ浦は、8時より海水浴規制が入り、海の3分の1が海水浴場になり、サーフィンができるエリアが狭くなります。つまり8時までに入った方が人も少なく、波を捕まえやすくなります。

 

初中級者は、アウトのセット1本狙いをすべし!


磯ノ浦のショアブレイクの切れ目は、ライバルが多い。混んでいる時は、沖のロングの人達が波待ちしている場所よりやや岸寄りで波を待った方が良い。なぜなら、人が多い場所ではトラブルがつきものだから!乗っているサーファーのラインを邪魔したり、セットが来たらハマって抜け出せなくなったり・・・浮力のあるボードで、沖で待つロングの人達が見送る波を狙えば、プレッシャーが低い場所からテイクオフができる事が多くなります。

 

そして、アウトで捕まえた波は、ブレイクする場所によってはインサイドでもう一度リフォームする!繋いで繋いで1度でもロングライドすると、磯ノ浦の虜になります。

 

上手い人を参考にするべし!

 


磯ノ浦で入水している人の数を示す波情報に800人ってのを過去に見た事がある(笑)800人全員が下手くそなわけがない。混んでいるって事は、それだけうまい人も来ているはず!その人を岸から観察し、ポジショニングや乗り方などを見て勉強する!そして、その人の近くで波を待つ。波が割れてないところで待っている人は、テイクオフが出来る数も減るので、そのエリアは何らかのよろしくない条件がある事が想像出来る。例えば、カレントや水深が深いなど・・・ず〜と浮いているだけの人は、このような場所で待っているのかもしれませんね。

 

 

台風情報、波情報に誰よりも敏感になるべし!

以前にも紹介したと思いますが、JTWCを見て、日本の気象庁が発表する台風情報と見比べてください!セカンドオピニオンのような感じです。出発前にあらゆる情報を集めましょう!近所のにいちゃんの「何と無く」って予報だけは鵜呑みにしないほうが身のためですね。そして、どこのポイントが一番コンディションが良さそうか?無理のない範囲で楽しめる場所を探し当てるのもサーフィンの醍醐味の一つであります。台風は、反時計回りで周り、風邪を外に吐き出しています。このヒントだけでどこに波が立ちそうなのか下記天気図を見て想像してください。ワクワクしませんか?笑

 

何よりもビーチを楽しむべし

 

波に乗っている時間なんて数秒です。トータルで数分ぐらいのものじゃないですか?ビーチでゆっくり美しい景色を楽しんでください。こんなおもちゃもスポタカでは販売しています。岸から海に向かって投げると波に乗ってブーメランのように帰って来ます。(笑)波に乗れない方や、ラウンド間の休憩時間にぜひおすすめです。くれぐれも怪我のない素晴らしい夏休みにしてくださいね〜

 

COMMENT

このブログへのコメント